自然との調和を楽しめるカフェ kukka(クッカ)

三重県三重郡の焼きたてパンと美味しいコーヒーのお店です。美しい自然に囲まれたかわいいカフェで、ゆっくりとした時間を過ごしてみて下さい。




ラフェルムのデザインは、住宅だけでなくカフェなどのお店にも最適です。 ラフェルムならではの漆喰の白を基調とした外観は、素朴ながらも可愛らしい仕上がり。さりげない丸窓も印象的です。 鮮やかな緑と馴染みやすいように、深めの色合いの木で屋根や庇、窓枠などを統一しました。窓も多く配置し、2階部分にはベランダスペースも。陽の光が差し込みやすい設計が明るいカフェを演出します。




入り口正面から見たデザインにもこだわりが詰まっています。足取りが軽くなるような印象を与える石畳に合わせ、主張しすぎない程度に緑を周囲に飾りました。漆喰の壁の質感と小さな街灯も雰囲気の良さを高めています。




カフェの名前は「kukka(クッカ)」。可愛らしいお店のオリジナルロゴ看板は職人の手作りで、入口に華を添えています。ウェルカムボードも味わいある木製で、建物に合わせた白の塗料で仕上げてました。余計なものがないスッキリとした面構えで、優しくお客様を迎え入れてくれます。



外灯はヨーロッパの街並みをイメージさせるデザイン。ほおずきのようなやわらかな丸みが特徴的です。暗くなる時間帯には、外灯の優しい光が白い壁を優しく照らし、趣きを醸し出します。



お店の中心には、シンプルながら存在感のある大テーブル。天板の縁を不揃いの自然な曲線で、木の持つ温もりと優しい手触りを感じられます。上部の吊り棚は落ち着きのある色の木材を使用し、広い視界にアクセントを与えてくれます。テーブル類は明るめな木の色で統一し、窓からの木漏れ日と溶け合う印象に。 壁や柱、床から小物まで選び抜いた素材を使った店内は、まるで異国のカフェに訪れたような空気を感じさせてくれることでしょう。




キッチンスペースは白の漆喰壁に覆われたオープン式。淡い色の明かりを覗かせ、控えめで優しい空間に仕上げました。主張しすぎないデザインでありながら、オープンであることでお客様の状況も常に見える機能的な作りです。こだわりの料理やコーヒーの良い香りがフワッと漂ってくる、そんな幸せ空間を演出しました。



入り口スペースの内扉にはくもりガラスを合わせました。くもりガラスが、照明の光に一層温かみを持たせ、出入りで騒がしくなりがちな入口に落ち着きを与えます。他の来店客などを気にせず、まったりと過ごせるよう配慮されています。



大テーブル上の照明には、レトロな風合いを感じる電球をチョイス。光を発するコイルがまるで揺らぐ炎のようで、ゆるやかな空気が漂うような印象が魅力的です。 お客様がゆったりした時間を満喫できるように意識した、こだわりポイントです。



店内の柱や梁には、職人が1本1本エイジング加工をした木材を使っています。時を経たような木の深みある美しさが、カフェ全体に「古美た」印象を添えてくれます。




吊り棚にも加工を施した木材を使用。小物や雑貨もアンティーク調に作られたものを選び、周囲と調和した飾り付けを工夫しました。




素敵な食事やコーヒータイムの提供には、素敵な空間や雰囲気を合わせることも大切ですよね。自然に囲まれたカフェには、あたたかみのある空間でゆったりとした時間の流れを感じる、そんなデザインがマッチします。 このような、環境に合わせた空間デザインこそが、ラフェルムが大切にしているこだわりです。