木の優しさに包まれたおうち|La ferme

木の優しさに包まれた、ゆっくりとした時の流れるラフェルムです。





漆喰の外壁のシンプルな白が緑を引き立たせ、優しいコントラストを生み出します。 たっぷりと設けた窓が、外からでもお家の明るさをイメージさせてくれます。




玄関までのアプローチも最大限シンプルな美しさ。庭の緑が映えて、おうちの出入りがうきうきした時間になります。




エイジング加工を施した梁や柱が、漆喰の内壁と調和して南欧のメゾンの雰囲気を作り上げます。あたたかい色みの照明がやさしく反射し、お部屋に息遣いが生まれます。




大きな窓からはこんなにたくさんの自然光が差し込みます。日中は照明を使用する必要がないくらいの明るさです。




木目に合わせたインテリアは「古美た」中で生き生きとしています。ゆったりと体を沈めれば、1日の疲れはあっという間に吹き飛んでしまいます。




床、棚、扉、机、椅子全てを同じ雰囲気の木目調に統一。奥の琉球畳の部屋も見事に調和し、見た目にもリラックスできる仕上がりになりました。





ところどころに配した飾り棚が、施主様こだわりの世界を完成させます。 エアコンは壁に埋め込むことで、快適さと雰囲気を両立しました。




キッチンにはたっぷりの収納スペースを確保。外観を損なわずに利便性を追及したつくりは、奥様のお気に入りです。



キッチンスペースは黒を基調に清潔感とシックさを演出しました。見える木目調の梁が 暖かさを感じさせます。




さまざまなデザインのこだわり照明が、表情豊かに映えます。ひとつひとつの照明の下に、違った物語が流れていきます。



和室には、木を置かず全面的に白を基調としました。デザイン性のある収納棚には日本的な物を飾ることで空間の統一感がグッと増します。



水回りにも全体的に木を主張させました。壁一面の鏡に周りの木が映ることで、空間の広さをより感じることができます。




玄関はおうちの顔。家族のこだわりが、これでもかと詰まっています。 帰ってくるたび、笑顔にしてくれる…それこそが、おうちの役割なのかもしれません。