大人かわいい魅力いっぱいのお家|La ferme RIVAGE

漆喰の美しさが際立つ、リヴァージュスタイルの女性的でシャビーシックな佇まい。お気に入りのアンティーク雑貨やインテリアがぴったりと似合う、大人かわいい魅力いっぱいのお家です。




家屋を取り囲むように敷き詰められたテラコッタの石畳は、陽光に照らされて柔らかいサーモンピンクの色を放ち、家の外観全体をロマンチックな雰囲気に包みます。




エントランス前のアプローチは、まあるく配された石畳。フェミニンな可愛らしさと、洗練されたスタイリッシュさの両方を感じさせます。



窓や窓枠はシンプルな直線的なデザインですが、白の漆喰の壁や柔らかな印象を持っているので、全体的に温かみがあります。むしろ、漆喰の良さを引き立てています。




計算し尽くされて配された、室内外の照明。夜になると放たれる暖色の光が、ふんわりとエントランスや外観を照らします。




大きく広く設計された窓からは陽光が差し込み、部屋に配されたインテリアを輝かせ、いっそう南仏の雰囲気に。鳩目のカーテンレールも、そんな雰囲気づくりに一役買っています。




白い漆喰と焦げ茶の梁で構成された室内は、アンティーク調に加工された飾り棚やマントルピースがアクセントとなり、大人っぽさのなかにもどこかキュートさが残ります。



ダイニングエリアにはダークブラウンのテーブルとチェアを配し、大人の雰囲気に仕上げています。クリスタルのシャンデリアも大人っぽく、かつ、どこかロマンティックで女性的。




オープンキッチンは目隠しがない一方、天井から続く飾り棚や、素材や色調をインテリアに合わせた食器棚が並んですっきりとしています。いつお客様が訪れても安心で、来客が楽しみになってしまいます。



「南仏の雰囲気であふれるお家にも、畳の空間が欲しい…。」そんな願いも、正方形の琉球畳を生かせば雰囲気を壊さず、かわいらしさを残したままの和室が出来上がります。




多くの数の引き出しと棚が木造りで仕立てられ、スペースを無駄にせず大容量の収納があるキッチン。常に見栄えよく保つことができ、キッチンに立つ方には嬉しい限りです。




玄関の扉を開くと待っているのは、壁一面を埋め尽くす「古美た」多くの扉。コートやシューズなどを収納できるクローゼットでありながら、インテリアとして活かされています。



自分のお気に入りのものを置ける飾り棚、天井から吊るされた照明、アクセントとなっている焦げ茶の梁…。廊下にもこだわりが配され、ついつい用もないのに何度も通りたくなってしまいます。




ダイニング、リビング、廊下と、全て同じ木のフローリングを使用することで空間をつなげげて広々と感じさせます。階段、マントルピース、梁の色や加工が全く異なっても、全てに木材を使用することで空間デザインの統一感を持たせています。




一枚の木を渡しただけのシンプルなデスクは、自分だけのプライベート空間に。部屋の中のちょっとしたスペースも無駄にせず、センス良く仕上がっています。