大きな窓のあるリビングが魅力のお家|La ferme

奥様目線で収納や家事動線を大切にした間取り。いっぱいの光が差し込む大きな窓のあるリビング。




広い空間が陽光で満たされているのは、大きくとられた窓があるから。そして真っ白な漆喰の壁に反射する光が、家具を眩く照らします。木造りの天井や木調の家具、キャラメルブラウンのソファなど全てが、温かく落ち着いた雰囲気を作り上げています。




白と木調のインテリアには、カラフルなラグマットや色の付いたテーブルセンターピースなどを配してアクセントを。季節によって異なる材質や異なる柄のマットやセンターピースを置けば、部屋全体の雰囲気を手軽に変えて楽しめます。




ひとつの大きな空間を、キッチン、ダイニング、リビングの3つに分けつつも、ドアや廊下を配さないことで開放感を得られます。ぬくもりを感じる木の天井やフローリング、白い漆喰壁が、快適な統一感を放ちます。




キッチンからはダイニングスペースもリビングスペースも見渡せます。全体的にウッド調のインテリアで統一されているので、キッチンに立つ方は落ち着いた気分に。いつも家族に目が届くのも安心で、会話も自然に生まれます。





オープンキッチンとはいえ、シンクや調理エリアの目線には配慮が。見える部分には南仏カントリー調の食器棚や、飾り棚が配されています。無駄のない動きやすい動線も確保。





白の漆喰壁と木造りのすっきりとした組合せが、シンプルな美しさといわれる由縁です。そこここに配されている飾り棚には好きなものを置いて、自分らしさを添えて。どこを切り取っても、そこには物語があります。



何てことのない木目調のドアに親しみが湧くのは、上部にすりガラスのデザインが配されているから。光を感じ、開放的な雰囲気をも感じさせます。ドアノブは、鍛冶職人が一点一点手作りする特注品というのもラフェルムならでは。




隠し部屋のような屋根裏部屋は正方形の琉球畳を敷き詰め、和モダンな空間に仕上げています。しっかりと光を採り込めるよう、窓も設置。お客様が急に泊まることになっても、すぐに開放できる自慢の一室です。



天井の高さを感じられるのは、屋根の勾配を活かした設計だから。空間を広々と見せる工夫が、さりげなく。




夜になると、明るすぎない光の照明やスポット照明がやわらかく部屋を照らします。木調のインテリアが、デイタイムとはまた違った趣を見せます。



玄関には暖色の照明を。夜になると木の温かみが浮彫りになり、「我が家が温かく迎えてくれる」…そんな雰囲気を演出してくれます。