収納をたっぷりつくり、奥様目線を大切にした家|Petit La ferme

シューズクロークやパントリーのゆったり収納、ステンレス天板のキッチンに回廊式の家事動線を考えた間取りなど、奥様目線を大切にしたプティ・ラフェルムです。




木と漆喰のあたたかさをシンプルに。フランスのエスプリを感じさせながらも気取り過ぎない”ちょうど良さ”が、プティ・ラフェルムの魅力です。 おしゃれで可愛い外観は、帰ってくるたびに家族を笑顔にしてくれます。




石畳のステップは、お子様のお気に入り。石は年月と共に「古美て」味わいを増し、お子様の成長を見守りながら一緒に思い出を刻み続けます。




家族の団らんを育む間取りは、奥様のこだわりのひとつ。 生活の動線がほどよく重なることで、自然と会話が生まれます。いつでもお子様に目が届くのも安心です。




ソファーやテレビなどの家具のレイアウトを考えてつくったリビングスペースの間取りは、無駄なく・美しく・快適。家族の憩いの時間を包み込みながら広々とした空間を保ち、来客時にもプティ・ラフェルムの美しさがパッと目に入ります。




キッチンの奥に設けたウォークインタイプの収納スペースは、奥様のお気に入り。 日常生活の目線からはしっかりと隠れながら、使いたいときにすっと手が届き、たっぷりと収納することができます。




リビングからダイニング、キッチンまでの縦のスペースを存分に活かし、目線を長く確保することで広々とした印象を保ちます。 部屋の長辺にムダなく窓を設けることで光がたっぷりと取り込まれ、ご主人こだわりの照明と共に漆喰の内壁にやわらかく反射して、プティ・ラフェルムのあたたかな空間を彩ります。






キッチンの収納力は見た目以上です。造作の棚や引き出しに必要なものが収まるので、食器棚などの家具は必要ありません。木と漆喰の調和と、快適なキッチンライフを贅沢に両立しました。




便利なだけじゃない。かわいいだけでもない。それもプティ・ラフェルムも魅力です。 独自のエイジング技法で風合いを出した棚は、ちょっとした小物やスパイス瓶を並べるだけで絵になります。毎日使うキッチンだからこそ、雰囲気が大事なんです。





梁も床も棚もドアも、プティ・ラフェルムこだわりの木の風合いが完璧なコントラストを生み出します。「かわいいお家だね」なんて言われるのが嬉しくて、ついついお客様をお招きしたくなってしまいます。



2階のお部屋はあえて屋根の勾配を活かし、天井の高さを確保してゆったりとした雰囲気を作り出しています。適度に設けたたくさんの小窓が、かわいらしさと明るさを演出してくれます。



ウォークインの収納スペースは毎日の家事に使うものから旅行鞄、お子様のおもちゃまで、なんでもたっぷり入ります。便利なだけではなく、ここにも漆喰の内壁と木のコントラストによるプティ・ラフェルムのシンプルな美しさが妥協なく詰め込まれています。 足を踏み入れるたびにちょっとうきうきして、お片付けが楽しくなってしまいそう。プティ・ラフェルムがご家族に届けるのは、そんな日常です。