リビング階段のある空間が魅力的な家|La ferme RIVAGE

凛とした外観の美しいリヴァージュ。リビング階段のある空間は、より明るさを取り入れられます。




白い壁に焦げ茶の庇や窓枠。クールな色合いに温かさを感じるのは、柔らかいパターンで施された漆喰の壁と木の窓枠だから。ラフェルムならではの親近感を放っています。





南仏らしい素材をエントランス前の階段にも。壁と同様の白またはグレーで統一感を出すこともできますが、テラコッタを配することでぐっと洗練された雰囲気になります。




この家の主役である吹き抜けの空間。階段は、白の漆喰をベースに茶色の木の素材が正確な幅で配され、リズミカルに2階へと誘います。



ダイニングエリアは、横に広く取った窓とオープンキッチンの間に。木造りのテーブルとチェアが陽光に映えます。夜は明るすぎない照明がウッド調の空間全体を温かく照らします。





大きなひとつの空間の中に、キッチン、ダイニング、リビングがまとまっています。でも、それぞれの空間で椅子に座ってみると、空間ごとのインテリアのコンセプトが全く異なってプライベート感を大切にしていることが分かります。壁に向いて座る書きもの机もその一つ。




思わず無造作に置きたくなってしまう雑貨も、木造りの棚や箱、麻の布など、部屋のコンセプトに合わせた素材の収納スペースにしまえば違和感はなく、むしろ部屋のデザインの一役に。



扉へと続く廊下の天井は、階段の斜線に沿って。一見、デザインし過ぎないナチュラルな雰囲気が、いっそうユニークでおしゃれです。



テラコッタのフローリングと「古美た」食器棚が、キッチンに立つ方をワクワクさせることでしょう。自慢の食器は見える収納を、生活感あるキッチン用品は引き出しの中へ。




キッチンにはもう一つの窓が配されています。すりガラスに可愛らしくデザインされた格子が特徴的。こんな温かいアクセントが随所に配され、ほっとします。



エントランスから吹き抜け空間へと繋がる廊下には、コートや靴などが収納できるスペースも。階段下のデッドスペースを上手に利用した収納には、木造りのドアをつけたことで、インテリアの一部となりました。




2階からリビングスペースを見下ろした様子。大きく取ったガラスのドアや左右に配された窓から、十分な光が注いでいることが、よく分かります。



気になるバスルームも、テラコッタのフローリングと洗面台。南仏のB&Bを訪れたような可愛らしいデザインに、バスタイムもぐっと楽しくなりそうです。



光を採る、空気を入れ替える、だけが窓の目的ではありません。窓の形や窓枠の素材、華奢な鉄格子のデザインなどにこだわれば、空間の雰囲気を作る素敵なインテリアになります。